初心者でもホームページが作成できた方法





トップページ サイドビジネス講座 最短テンプレート 格安で作成依頼 無料制作講座 お問い合わせ
 

  ドメインの意味と分類

ドメインとは
ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すインターネット上の「住所」にあたります。
「住所」ですから、同じものは世界にふたつとありません。たったひとつだけです。

ドメイン取得は先着順になっており、基本的に、先に取得した人がいた場合は、後から申請しても取得できません。
裏をかえせば、どんなドメインでも最初に申請すれば、それがあなたの「住所」になります。

ドメインは独自ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリに分類されます。

独自ドメイン
コテージキクタのドメインは『c-kikuta.com』になり独自ドメインです。
独自ドメインは基本的には有料です。

c-kikutaの部分は自分で決め、.comの部分は世界中のさまざまな人々が利用するために国や目的により分類されており、その中から選択することになります。
.comの他に、会社であれば.co.jpがよく使われていると思います。

ドメインはこの選択する部分によって金額が変わるようです。
会社で使う.co.jpは高いですよ。(笑)
要するに独自ドメインとは好きな文字決め、分類の部分を選択し、世界に一つの住所をお金を払って取得することになります。

金額的には取得する会社や選択部分で異なってきますが、年間数百円〜数千円の金額ですので、次に説明するリスクなどから、私は有料の独自ドメインを取得することを勧めます。

サブドメイン
コテージキクタをサブドメインで取得した場合の事例は『c-kikuta.●●●.com』というようなドメインになります。
サブドメインはレンタルサーバーを提供している会社などから無料で取得することができます。
.●●●.comの部分が、例えば無料でレンタルサーバーを提供している会社の独自ドメインになり、レンタルサーバー会社のドメインを間借りしているということが分かってしまいます。
無料でレンタルサーバーを提供してもらう場合は、一般的に無料のサブドメインで間借りしている状態でホームページを公開するということになります。

有料のレンタルサーバーでも無料でサブドメインを取得することができます。
いずれにしても、サブドメインは無料で取得できますが、間借りしている状態が分かること以外に、万一、レンタルサーバーが閉鎖になった場合は、そのサブドメインも消滅してしまうリスクがあることを念頭におく必要があります。
そういう意味では、お店などの商売のホームページに無料のサブドメインで進める場合には、信頼性の高いレンタルサーバーを選択することが重要になります。

サブディレクトリ
実は娘にホームページを作成してもらい公開した時は、サブドメインではなく、サブディレクトリーという状態であることを後で知りました。
その時のドメインは『WWW●.●●●.ne.jp/ c-kikuta』みたいな感じです。
要するにネットワークサービス会社の独自ドメイン●●●.ne.jpのサブドメインWWW●.●●●.ne.jpの更に「/」にて、1ランク下がった住所だったのです。
こうなると、多少なりとも検索エンジンにも影響するらしく、何よりオリジナル性というより、ネットワークサービス会社の配下という印象ですよね?(笑)
無料で進める場合、せめてサブドメインのレンタルサーバーを選びましょう!

URLとは
URLとは、Uniform Resource Locator(規格に準拠する情報源の置き場所という意味)の略で、Webページのアドレスを表す文字列のことです。
URLの構成については、
http://  ドメイン名  /ディレクトリ名(ない場合もあり) /ファイル名 .html
になります。 従って、コテージキクタのトップページのURLは、http://c-kikuta.com/index.htmlになります。

ドメインがインターネット上の「住所」なら、URLはWebページとして表示する際の住所と更には、玄関とかリビングとかの部屋まで案内するアドレスということになります。
 

  レンタルサーバーについて

レンタルサーバーとはホームページのデータをアップする場所のことをいい、そこにホームページを表示させるファイルや画像のデータを置くことによって、他の人がそのホームページを見ることができるようになります。

レンタルサーバーもいろいろな業者が提供しており、無料と有料が存在しており、レンタルサーバーを提供している業者を選ぶ必要があります。
どうして無料のレンタルサーバーが存在しているかというと、無料は無料なりに、ホームページに広告が入る条件だったり、ディスク容量が少なかったり、独自ドメインを持ち込めなかったり、業者にもよりますが、有料に比べ、色々な制約が存在しているそうです。
そうです・・・って無責任!と思われるかもしれませんが、私自体、無料のレンタルサーバーを活用したことが無いのでご勘弁ください。
Copyright © 2014 初心者でもホームページが作成できた方法 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座