初心者でもホームページが作成できた方法





トップページ サイドビジネス講座 最短テンプレート 格安で作成依頼 無料制作講座 お問い合わせ
 

  プロフィール

はじめまして。
ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
コテージキクタの管理人の菊田俊勝(きくたとしかつ)です。

悪夢様な東日本大震災に遭い、生涯これ以上あり得ない精神的に大きなダメージを受けました。
しかし、第二の人生を歩むことを決意し、多くの方々のご支援、ご協力を頂き、コテージキクタをオープンすることができました。
現在は、たくさんのお客様との出会いが、私の生きる源となっております。

さて私の自己紹介をさせていただきます。
私は1961年8月、この気仙沼市波路上地区に養殖漁業兼農業の家に長男として生まれました。
家業は自然相手の仕事であるために不安定で、両親が苦労して私達3人兄妹を育て上げました。
小さいころから繁忙期(冬)は休みや毎朝に手伝わされ、過酷で重労働の家業が嫌でたまらず、進学は逃げるように某国立高専(工業高等専門学校)に進学しました。

1982年3月に卒業、その4月にちょっと離れた町の某SONY系列の会社に入社し、その職場で亡き妻と出会うことになったのです。
私は3年でその会社を辞め、地元の某電気機器メーカーの宮城工場に転職、その2年後に妻と結婚し、1男1女を授かることができました。
妻は出会った会社を震災直前まで勤め上げました。
両親、妻のおかげで、私は仕事に専念でき(家のことは任せっぱなし)、中国工場出向や本社出向も経験し2006年10月に宮城工場長に就任し、のちに取締役の肩書も頂きました。
工場長時代にはリーマンショックによる休業やリストラ(する側)など苦い経験もしました、

そして、リーマンショックからも立ち直ろうとしていた矢先の2011年3月11日、あの東日本大震災に遭遇し一瞬にして、普通の生活と、普通に幸せだった家庭が崩壊してしまったのです。
東日本大震災の大津波によって自宅だけでなく、両親、妻、愛犬をも失いました。
震災直後は家族の安否確認や葬祭行事を行いながらも、工場責任者として工場を避難場所とし、製品の出荷や生産再開の陣頭指揮をとり、社員及び社員家族の生活を守ることに専念しました。
当時は現実逃避し、自分が何かに専念しないと、自分がどうにかなってしまいそうな心身状態でした。

5月が過ぎ、以前の生産能力の目途が立った時点で、会社を辞める決断をしました。
役割を果たし終えたような心境でした。
守るべき妻、両親がいなくなって勤める意味を考えました。
幸い、長男は社会人になり独立、長女も専門学校生から就職の目途が立ちそうでした。
生活再建。地元の復旧・復興を優先した第二の人生を歩みたい気持ちが強くなり、会社の決算時期、引き継ぎの関係から11月に退職しました。

その後、地元農地の瓦礫撤去事業に参加しながら第二の人生のあり方を模索し、開業準備を進め、退職から約1年後の2012年12月に、トレーラーハウスを活用した宿泊施設コテージキクタをオープンすることが出来ました。
サラリーマン当時は物づくり主体の工場勤務につき、営業など行ったことがなく、開業当時は閑古鳥が鳴いていました。

そこで、まず行ったことは大手旅行サイトと提携することでした。
大手の集客性を思い知らされ、また、ホームページの凄さを改めて実感したのです。
甘い汁を吸った私が次に行ったことは、専門学校に通わせたお蔭で、娘がホームページを作成できることを知り、スズメの涙程度のアルバイト代を払い、娘にホームページを作成してもらって公開しました。
コテージのホームページからの問い合わせや予約もそこそこ入りました。
しかし、正月過ぎの閑散期にはいると、また閑古鳥が鳴いていました。
ホームページの情報量を増やして魅力あるホームページに更新したいと思っても、娘も社会人でなかなか対応しきれません。

他力本願だったことを反省し、自分でホームページが作成し、更新できないか!?と思い立ち、『初心者が自分で更新できる最短ホームページテンプレート』がセットとして含まれている、有料・会員制の『会員制サイドビジネス講座ファーストクラス』に申し込み、受講を開始しました。
コテージの管理人をしながら、空いた時間にコツコツと受講しながらコテージのホームページを作成していたら、なんと1ケ月もかからないでインターネットに公開することが出来たのです。
そして、自社サイトからの予約が確実に増えてきたのです。

自信がつきました。
すると、私の様な被災地の個人事業者さん、小企業の経営者さんを対象に、ホームページを持ちたくても持てない方々の手助けし喜んでもらえないか!?
との思いが強くなり、このホームページ作成になったのです。

第二の人生を歩み始めて、コテージを開業し始めた頃は、お客様をはじめ、周りの人たちに、
 『生かされている』
との感覚が強かったのです。
震災直後の両親、妻の捜索や工場再開の陣頭指揮の状態は、思い出したくないほど過酷で頑張らざるを得ない状態でした。
その反動で、無理せず、流れに沿ったような生き方、生かされ方を望んでいたように思います。

しかし、ホームページを自分で作成できるようになって少しずつ変わってきました。
 『自分らしく生きたい!』

喜怒哀楽の中で怒哀は東日本大震災にて一生分味わいました。
普通の生活の大切さを実感しました。
第二の人生のポリシーは『亡くなった家族の分まで生きる!』です。その生き方は、
 
 怒哀を捨て喜楽に生きる!
 
 地元気仙沼で生きる!
 
 海と向き合って生きる!
 

これから、自分のため、人のために、いろいろな企画を考え、様々有益な情報を発信つづけたいと思っています。
東日本大震災の被災経験者として、家族やふつうの生活の大切さ、防災・減災の重要性などの情報を提供できるホームページも作りたい!、と夢が拡がっています。

 

  パソコンの知識や操作経験

自分でホームページを作成する場合、やはりパソコンの知識や操作経験によって、作成スピードに差が出てきます。
私が1ケ月弱でホームページを作成し公開できるようになったことに関し、私のパソコンの知識や操作経験はどの程度(レベル)なのか?
って知りたい方もいると思いますので正直に教えます。
自分では高中低とすれば中の下ぐらいのレベルではないか?との自己評価です。

 ・パソコン操作年数 約25年(年月だけは経験豊富です)
 ・主に使ってきたソフト
   ○エクセル(簡単な表計算はできるがメインは完成されたホーマットに数値文字入力が主体)
   ○アウトルック(仕事上メールは頻繁に使用)
   ○ファイルメーカー(マニアックなデータベースソフト)
   ○ワード(苦手でほとんど使わず)
 ・ホームページは検索エンジンを活用し閲覧する程度

文字入力は普通の速さだと思います。
但し、入力操作を教わったことなく人差し指だけでの入力しか出来ません(笑)。
私の体験から、ホームページ作成するにあたっての一番のスキルは、『文字入力のスピード』だと思います。
エクセルなど使ってきたソフトの経験有無はあまり関係ないと思います。
やはり、ホームページの構成を見て頂ければ分かると思いますが、文章表現が圧倒的に多いので、その入力作業が早いとホームページも早く作成できますね。
また、色々なソフトに活用できる基本操作(辞書ツールやショートカットキー)を覚えるとスピードが増します。

文字入力が遅いからって諦める必要はありません。
人間、コツコツやっていれば成長するものです。
最初は遅くても早くなっていきますので、肝心なことは成長するために努力することだと思います。
Copyright © 2014 初心者でもホームページが作成できた方法 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座